源義高(義重・義基・義守)
 木曽義仲関連人物紹介


 経歴書 
氏名源義高(義重・義基・義守) 写真欄
生没年1173? - 1184/4/26?  
通称清水冠者義高、清水冠者義基、志水の冠者、木曽義高
家族構成義仲(父)、力寿・鶴王・余名王(弟)、?(妹)、鞠子(伝・妹)
関連人物大姫(許婚)、海野幸氏(従者)、天野遠影、武田信光
生い立ち義仲の嫡男として、(多分)信州に生まれる。
略歴義仲と頼朝の不和解消のため、名目上は大姫の婿、事実上は人質として鎌倉に赴く。義仲亡き後鎌倉を脱走するが、埼玉県入間河原で追いつかれ、12年の生涯を閉じる。

 考察ポイント 
分類Noテーマ
「平家物語」から「吾妻鏡」へ1清水冠者の本名は?
2どこまでが史実か
3清水冠者の殺害理由
3清水冠者が人質にとられた原因
「御伽草子」の世界1「清水冠者物語」諸本の内容
2清水冠者の従者達
3登場人物(武士編)
 
 ■ 略年表 ■
1183/03人質として鎌倉に行く
1184/04/21鎌倉を脱走する
1184/04/26入間川で斬首の報告



 清水冠者の本名は? 
  清水物語・尊卑分脈・延慶本・屋代本は義基、高野本・城方本・龍谷大学本は義重、長門本は義守・義隆、曽我物語は義衡、吾妻鏡・しみづ吉高等は義高。
 出典によりこんなにも名前が違うのだ。多数決でいけば「義基」が有利だが、一番信憑性が高そうなのが「吾妻鏡」だから(?)義高が通説になっているようだ。
 「吾妻鏡」自体も義仲関連に関しては「平家物語」以上に信憑性に欠けるが、大姫や頼朝のそばで過ごし、その後の大姫の状況といい、さすがに名前を間違える
 とは思えない。でも100%信じられるかというとビミョーだし、改名された可能性も無いわけではないので、やはり「清水冠者」と呼んでおくのが懸命だと思われ。


 どこまでが史実か 
  これは難しい。「吾妻鏡」も「平家物語」も手放しに信用できるものではない。しかもこの2つや他史料で、同時期に同内容の記述があれば別だが、他にそれ
 なりの史料もなく、清水冠者の人生の前半が「平家物語」、後半が「吾妻鏡」に依拠されるという有様である。つまり重なるところが無いわけで、一瞬この二作品
 の清水冠者は本当に同一人物なのかすら疑ってしまいたくなる。だが、「亡父既にに勅勘を蒙り戮せらるるの間」とあるので、やはり義仲のことのようだ。
 義仲と頼朝のやりとりで鎌倉行きが決定し、大姫の婿扱いとはなるものの、義仲亡き後に逃亡し、どこかで討たれた、というのは信用していいんじゃないかな??


 清水冠者の殺害理由 
  たかだか11、12歳の子、しかも親戚であり娘婿であるのに殺害するなんて、頼朝サイテーと思うかもしれん。わが身の経験もあるので神経質になるのはしか
 たがないが、手元にいるのだから将来仇と狙われないように教育すればいいんじゃないかい? なんて。
  清水冠者が何故この時逃亡したか。京での出来事をたまたま知ったのか、清水冠者の前に木曽残党が現れて事の次第を告げたのかは大きなポイントかも。
 何故なら逃亡10日後、残党が甲斐・信濃で反逆の動きがあるとして残党狩を行う準備を始めたから。結局どうなったのかは知らないが、翌日諸国の御家人が清
 水冠者誅殺の噂を聞きつけ続々と集まってきたとか、何だか意味不明。だが、二週間後には志田先生義廣を討ち、翌月には一条忠頼の討伐もしている。それに
 清水冠者は一週間どうやって自分や馬の食料確保をし、結局どこへ行こうとしていたのか。11、12歳の子が単身で出来るものなのか。そう考えると、やはり背後
 に「残党」がいたのでは、と感じざるを得ない。
  鎌倉幕府がもっと安定した後ならともかく、平家との最終決戦を控え大軍が西国赴任の中、身内達の怪しげな動きに警戒してたんでしょうね。清水冠者はその
 旗印になり得る人材だった。そう考えればつじつまが合う気がするのだが・・・。


 清水冠者が人質にとられた原因 
  そもそも何故清水冠者は鎌倉に行かなければならなかったのか。当然義仲と頼朝の対立が原因であるが、その発端は何だったのか。
  諸説はいくつもあれど、結論から言えば頼朝は義仲を絶対認めなかったろうから、遅かれ早かれ対立したんだろうからどうでもいいっちゃいいんだけど、ひとまず
 それはおいといて、大きな理由が、頼朝と不仲になった十郎行家が義仲のところに押しかけてきて、頼朝からの行家引渡し要求を義仲が拒んだこと。それで行家
 の身代りとして清水冠者が引渡し要求されるわけだが、頼朝がわざわざ信濃まで出向いてきて、義仲と一戦交えようとしたのは何故か。「平家物語」を見ると、
 甲斐源氏の武田五郎信光がチクリ屋となっている。しかもチクリの内容が、「十八になる平重盛の娘を宗盛の養子にし、義仲をその婿に迎えて共に頼朝を討とうと
 している」、だと。随分具体的なところが笑えるが、信光がこんなことを言ったのにも原因があり、清水冠者を娘婿にと望んでいたが、義仲に身分を理由に足蹴に
 されたんだとか。なんだ、結局悪いのは義仲かい。(笑)


 「清冠者水物語」諸本の内容 
  清水冠者と大姫の悲劇は、室町時代に「清水冠者物語」「しみづ物語」「しみづ吉高」「木曽義高物語」等の名で物語化された。この手の小さな悲運話が、
 噂話に尾ひれが付き、勝手に盛り上げられた大げさなドラマに仕上げられるのは今も昔も同じ。二人の年齢もややアップし、密告・拷問・懺悔・切腹・出家・怨霊・
 亡霊等のオンパレード。これだけで、ストーリーはおおよそ見当がつきますよね。(^^;)
  諸本によって内容もかなり異なるようなので、おおざっぱにまとめると、義高は鎌倉に婿入りして三年たったある日、頼朝が義高の殺害を考える。その計画を漏
 れ聞いた大姫は女房達を味方につけ、義高を脱出させる。そのことが頼朝にすぐにばれ大姫は幽閉、義高は大姫の指示通り奥州藤原氏を目指し、那須野まで
 逃げるが追っ手に追いつかれ合戦ののち生け捕られる。しかも鎌倉まで連行され、頼朝と対面までする。その先は、義高の態度に頼朝が涙まで流す頼朝贔屓の
 本とそうでない本に分かれるらしい。そして小坪の浜で討たれた直後、大姫も後をおって自害するのと、出家するパターン等があるようだ。更に、大姫は死後自分
 に味方した母の家系の守護神となり、義高を殺した父の家系は滅ぶと遺言したとか。なるほど、そういう展開でいくかとちょっと関心してしまった。


 清水冠者の従者達 
  物語の中では、信州から従ってきた従者が3、4数人登場する(諸本によって違う)。海野平太、林三郎、木曽滝口もりゆき(2歳の子持ち)、なごやの次郎、
 14歳の十郎丸、80歳の父を持つ唐紙などである。どっかで聞いたような聞かないような名前だなあと感じるのだが、海野平太は実在した海野小太郎幸氏なんだ
 ろうな、と大方の人が思っている様子。なごやの次郎と聞いてまっ先に思い出すのはやはり「平家物語」のうぶごやの太郎だよな。あとはうーん、諏訪とも藤沢と
 も望月とも似てないしなあ。結局みんなとも那須野で死んじゃったが。(巴の妹ともされる唐紙は鬼怒川で入水)


 登場人物(武士編) 
  この物語の登場人物の中で、鎌倉武士として特に目立つのが、清水冠者の追っ手の「川野(河野)三郎みつのぶ」と、介錯をした「天野藤内遠影」である。
 しかも川野は「河野四郎通信」がモデルと言われ、天野も実在の人物である。この二人、描かれ方が対象的で、川野は元義仲家臣であり、那須野で清水冠者に
 追いついたのはいいが、「元・主人に対してその仕打ちは何だ!」と一喝され、逃げ腰状態で手柄たてずとなり、最終的にはそのことで頼朝に殺害されたり、狂い
 死したりと、ろくな描かれ方じゃない。一方天野は大姫・清水冠者に始終同情的な態度であったため最後まで好人物扱いである。(天野遠影のページ参照)
  他の登場人物としては、清水冠者の追討を命じられた宇都宮左衛門有綱で、大姫の女房・三位の局の兄にあたる。これが大姫が漏れ知る原因としている本も
 ある。清水冠者・大姫の敵はろくな最期をとげておらず、清水冠者を捕らえたいけの六郎は殺害、討った堀藤次は切腹である。源家も例外ではない。
  ちなみに史実では清水冠者を討ち取ったのは藤内光澄であり、彼も川野三郎のごとく頼朝に討たれているが物語では無視なのかな・・・。代わりに光澄の上司
 にあたる堀藤次にとばっちりがいってるようだ(^^;)。  登場人物(女房編)は大姫のページ参照。




inserted by FC2 system